モッピー!お金がたまるポイントサイト

temple audio designのエフェクターボードをご存知ですか?

今までのエフェクターボードと画期的に違う点。


Temple Audio Design 《テンプル・オーディオ・デザイン》 SOLO-18 RED (Temple Red)

それは、テトリスのようにコンパクトエフェクターの場所を組み替えることができることが大きいですね。

そして、ボードの裏面にはペダルトレインのようにパワーサプライを設置できますし、何より良いのが、

パッチケーブル用の穴がボードに空いているので、かなり綺麗に配線が可能です。

そして、ボードのサイドにはシールドのin outや電源、その他諸々のスロットを導入することができます。

つまり、エフェクターボードの最先端、って訳です。

ペダルトレインが出た時も正直使い勝手良くて驚きました。
free the toneのボードを見た時、あの薄さでの頑丈さ、驚きました。

しかーし!このボードには太刀打ちできないのでは?そう思います。

なんせ、このボードは超軽量のアルミボード仕様で、頑丈さは半端ないです。

そして、専用プレートでエフェクターを固定できるので、マジックテープなど相手にならないでしょう。

これから少しずつ流行ってくるのではないか?そう思います。

 

サイズの種類も豊富で、縦三列なども可能なボードもあります。
これからボードを作られる方は参考にしてみてください。

ちなみに、私はSOLO18を買うか迷ってますw

BOSSのMS-3とLINE6のHXSTOMPだけならSOLO18で十分ですからね。。

欲しい~ww!

 

SOLO-18 縦21.6×幅45.7cm
重さ0.82k

DUO-17 縦31.8×幅43.2cm
重さ1.08kg

DUO-24 縦31.8×幅61.0cm
重さ1.54kg、ブラケット1ケ標準装備

DUO-34 縦31.8×幅86.4cm
重さ2.09kg、ブラケット1ケ標準装備

TRIO-21 縦41.9×幅53.3cm
重さ1.54kg

TRIO-28 縦41.9×幅71.1cm
重さ2.18kg
ブラケット1ケ標準装備

TRIO-43 縦41.9×幅109.2cm
重さ3.08kg
ブラケット1ケ標準装

モッピー!お金がたまるポイントサイト

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

☆絶対聞いて欲しいバンド☆

《洋楽》

●RAGE AGAINST THE MACHINE

●LIMP BIZKIT

●LINKIN PARK

●METALLICA

●VAN HALEN

●JEFF BECK

●BON JOVI

●LOSTPROPHETS

●MARILYN MANSON

 

《邦楽》

●PAY MONEY TO MY PAIN/GUN DOG

●BUMP OF CHICKEN

●銀杏BOYZ/going steady

●ELLEGARDEN/the HIATUS

●ギルガメッシュ

●BRAHMAN

●MIYAVI

●BAND MAID(最近ハマッてます)

 

▲トップへ戻る